肩が張って、たまに頭痛もします。触ると固いです。


元々学生の頃から肩こりで、特に大学生になってからはひどくなりました。
マッサージなどにも行ったのですが、値段もするし、その時は気持ち良くて肩が軽くなった気がするけれど、すぐに元の状態に戻っていました。肩の凝りから頭痛がする事もありました。美容院に行っても、マッサージの時に必ず『すごい凝ってるね』と言われる始末。
ある時に電車に乗っていて、ひどい頭痛と吐き気に襲われました。
特に熱もなくなんでだろうと思って、色々ネットで調べてみたら肩こりが原因な事がわかりました。
しかし、なんとかしなくてはと思っても、なかなか改善策が見つかりませんでした。

 

肩が凝って疲れやすいのは常で、頭痛は月に二度くらいあります。吐き気はほんとうにひどくなった時だけみたいで、年に数回です。
子供を2年前に産んでからは、屈んだり、抱っこをすることが多いせいか、肩こりもひどくなりました。

 

カイロプラクティックに行って、レントゲンを撮ってもらったのですが、原因は『ストレートネック』だと言われました
確かに自分でレントゲンを見てみても、首の骨が真っすぐでした。本来緩やかなカーブのある首の骨がまっすぐな事によって、筋肉に負担がかかって肩こりになっていると説明されました

 

 

肩凝りを改善していくためには、マットレスの見直しが効果的だとされていますよね。
人気のあるマットレスにはモットンなどがありますが、実際のところは効果はあるのでしょうか?
参考サイトはこちら→【大激怒!】モットンマットレスの怪しい評判に騙され返品した体験談

 

あわせて、肩こりと腰痛がひどい時にはどうすればいいのか、対処法を身につけておきましょう!

ストレッチ


数年前に、ダイエットをしようと思い、『スローストレッチ』という本を見つけました。
普通のストレッチは10秒くらいだと思うのですが、スローストレッチは最低30秒間、その間にゆっくり呼吸をする方法です。
最初はダイエットのために始めたのですが、やり初めて、体が軽い事に気づきました。肩も軽くなって、頭痛もきづいたら減っていました。

 

スローストレッチの中に、肩と首の筋肉を伸ばすというのがあって、首を下さげ、後ろで組んだ腕を上に上げる方法です。これを30秒以上。
もう一つが肩甲骨の周りの筋肉を柔らかくするストレッチです。これは足を肩幅に広げて、ひざをまげて、胸の前で組んだ腕を前にできるだけ引っ張るストレッチです。
ストレッチを毎日続けている間は本当に身体の調子がよかったです。

 

その後双子を妊娠して、安静にしていてなくてはならずストレッチも辞めてしまいました。
出産してからも子育てでなかなかストレッチの時間がとれず、また肩こりがひどくなってきてしまいました。時間を見つけてまたストレッチを始めようと思ってます。

こちらの記事も読まれています

更新履歴